犬を1日で良い子にするのは無理

犬を1日で良い子にするのは無理

はっきり言います。

 

愛犬を1日で良い子にするのは無理なのです。

 

「え〜このサイトのタイトルじゃない?」
と思われたでしょう。
もちろん、躾けグッズを使えば、犬によっては1日で効果があるかもしれません。

 

躾けグッズは効果がある犬とない犬がいる

躾けグッズの購入者のレビューを見てみると、「早く買えばよかった」という口コミの
反対に、「うちの犬には効果がなかった」という口コミも多少なりともあるのです。
また、「最初は効果があったけど、そのうち躾けグッズに慣れてしまった」というのもあります。

 

そんなレビューを見ていると、躾けグッズを購入しようと思っていても、
もしかしら、うちの犬には効果がないかも?」と思うのです。

 

躾け方は犬の性格によって違う

初めて犬を飼ったとき、私は犬を殴るなどはしませんでした。
よく吠えたその犬に、「吠えてはダメなんだよ」と優しく言っていたのです。
当然、治りません。

 

犬は言葉がわからないと思っていても、何とか話して言うことを聞いてほしかったのです。
この犬は、脱走癖があり、私が家に居ないと、脱走して近所をウロウロするのです。
ウロウロしながら、私の帰りを待つのです。

 

このため、家じゅう脱走できないように、防御してもダメです。
どうして、こういうことするの!」と怒ってみてもダメです。

 

忠犬ハチ公の時代なら良いでしょう。
しかし、今の時代、車の往来があり、事故も心配だし、
もしかしたら、保健所に連れて行かれてしまいます。

 

本当に困っていました

 

そんなときです。
家族が帰って来たとき、また、脱走して近所をウロウロしていたのです。
おまけに、車にひかれそうな現場をみた家族は、ものすごく殴ったそうです。

 

生まれてから、殴られたことのない、その犬もショックだったのでしょう。
それ以来、ピタリと脱走癖がなくなったのです。

 

このとき、時によっては、殴らないといけないんだと思ったのです。
私は犬を可愛がることしか知らなかったのです。
でも、可愛がるだけでは、犬を守ることはできないのだと、そのとき知りました。

 

次に飼った犬は

次に我が家で飼った犬は、吠えもせず、本当に良い子でした。
心優しい子で、この犬を殴ったら、きっとダメだろうと思うほどです。

そのとき、思ったものです。

 

これって犬の性格によるものなんだ

 

人間にも性格があるように、犬種の違いではなく、性格の違いです。
躾け方は性格によって、違ってきます。

 

今いるヨークシャテリアは、2年位、お手も満足にできませんでした。
「お手」や「オスワリ」「マテ」は、もっとも早く覚えるものですが
この犬はこの犬なりのしつけ法があるのではないか・・・と、思いました。

 

もちろん、1頭の犬だけ飼っていたのではわかりませんでしたが
ずっと、多頭飼いなので、犬によって躾けるべき事柄が違うと思うのです。

 

飼い主側も犬を飼うために教育が必要

日本はペット後進国と言われています。
大量に作られる子犬たちの規制も甘い。
そのため、犬が大量に捨てられたり、飼育放棄で保健所で死んでいく犬もいる。
とても悲しいことです。

 

私の住んでいる地区では、犬の糞を片付ける人も多いのですが、
あちこち放置されている犬の糞も見かけます。

 

それぞれの家では「ここでペットに糞をさせないで」と張り紙があります。
それは、飼い主が始末しないからいけないのです。
犬によっては、何も兆候がなく糞をする場合もあるのです。
「ここで糞をさせるな」ではなく「ちゃんと片付けて」と書くべきなのです。

 

飼い主側も犬を飼うために教育が必要です。

 

ペット先進国と言われる国では、犬を飼う前に、
必ず飼い主同伴で教育を受けなければいけない国もあるほどです。

 

俗に「子供を育てるのではなく、自分が子供に育てられるのだ」という言葉をききます。
犬を飼うことは自分も一緒に勉強する必要があるのではないかと思うのです。

 

犬の躾けには根気が必要

子供を躾けるときに、1日で良い子に躾けたいと思うでしょうか?
それなりの時間がかかると誰でも思うことです。

 

しかし、言葉が伝わらない犬に、1日でわかってもらうことは不可能です。

 

近くに犬の訓練所があって、散歩しながら訓練している犬とインストラクターをみかけます。
決まって、私の犬との散歩をみつけると、オヤツを与えて、自分に注意を向けるようにしています。

 

でも、うちの犬には、その方法は使えません。
オヤツがなくなるまで、付きまとうからです。
それにオヤツを貰えるといのは、1回で覚えてしまって、
吠えるときは吠えても、オヤツは貰うというのが、わかるからです。

 

犬それぞれの性格にあったしつけ法は、
飼い主である、あなたが時間をかけてやらなければいけないことです。

 

見つけた躾け教本

もちろん、犬のしつけ本は、本屋に行けばたくさんあります。
しかし、これだ!と思ったのは、本屋では売っていませんでした。

 

PDFファイルで48ページほどの、この教本ですが、
ネットでは「犬のしつけDVD」も販売されています。
DVDではなく、読む教本なのです。

 

その教本を購入することによって、無制限メール相談サポートが付いていました

 

実は、家族構成や犬の性格、環境によって、飼い主が抱える問題が違うのです。
それを個別にメールで相談できるのです。

 

その案内を見たとき、「これだ!」と思ったのです。
うちであれば、多頭飼いで、個別に躾けを行うことは難しいこと、
それぞれの犬によって、躾けたい内容が違うことが相談できます。

 

PDFファイルで48ページというのは高すぎない?

確かにインターネットでダウンロードできるPDFファイルと
DVD配送の方が良いように思うかも知れません。

 

でも価格を見て下さい。有名なトレーナーのDVD配送版です。

この教材は、DVDの配送がない分、金額も半額ほどです。

犬のしつけではありまでんが、私は色々な講座をネットで受けることがあります。
そのとき、動画を配信してくる講座、200ページ以上のPDFファイルを配信してくる講座、その講座によってマチマチです。
動画を配信してくる講座は、どうしても時間が取られて好きではありませんでした。

 

ある時、受けた講座では、PDFファイル30ページほどでした。
それで、20万円でした。
受け取ったとき、「20万円で30ページ?」と思いました。

 

しかし、思いなおして、そこに書いてある通りにしてみました。
びっくりした結果になったのです。

 

そのとき、ページ数が多い教材が素晴らしいのではなく、
要点がまとめられていることが必要なのだと思ったのです。

 

長ければ、どうしても、この教材が教える要点は何だろうと考えます。
読み終わるまでに疲れてきてしまって、
書いてあることを実行するのは、明日にしようと思ってしまうのです。

 

そのため、ページ数が少ないからといって、効果がないとは言い切れないのです。

 

犬のしつけは、根気よく、犬との信頼関係を構築する必要があります。
躾けているうちに、迷うことや、「こういう場合どうしたらよいのだろう?」と思うことも多々あります。

 

サポート付というのは、とても心強いのです。

本質の犬のしつけプログラムの詳細を見てください

どのようなメール相談が来ているのかを見ることができます。

 


更新履歴