子犬の散歩デビューに準備すべきもの

子犬のお散歩デビューに準備すべきなこと

子犬にとって散歩は、外の環境に慣らす社会化という意味でも重要なことです。

 

はじめて散歩する子犬は、とても緊張します。
ゆっくり外の環境に慣らしましょう。


首輪とリードに慣らす

いきなり、首輪をつけても、子犬はびっくりして散歩どころではなくなります。そこで、事前に室内で慣らしておきましょう。

 

首輪は指2本入るくらいの余裕をもたせて、リードがほかのものに絡まることがないように注意して歩いてみましょう。

 

散歩する前に準備

犬にはトイレをさせてから

トイレは出来るだけ家の中でさせて、外、特に他の家の玄関前でするような粗相はないようにしましょう。

 

袋と水をもつ

もし、排便したときのために袋を持ちます。また、排尿したときには、その場所に水をかけるために、ペットボトルに水を入れていきましょう。

 

鑑札や注射済み票を首輪につける

迷子になったときのために、鑑札や注射済み票を首輪につけます。

 

続きを読む

 

 


スポンサードリンク

しつけの基本 関連ページ

飼い主と犬が目を合わせるアイコンタクトは、コミュニケーションにも必要ですが、しつけの基本でもあります。日常生活に必要な「スワレ」や「マテ」のトレーニングをする際に、犬が飼い主を見てくれなければ何も教えることは出来ません。アイコンタクトは一緒に遊んだり、トレーニングをすると、自然に身についていきますが、犬がなかなか飼い主のほうをみてくれない場合には、オヤツを使ってトレーニングしていきます。犬にアイコ...

犬がカラダを触られることは、気持ちのいいことで、特に飼い主のスキンシップなら、喜ぶのも当然ですが、足先や尻尾など神経の敏感な場所は、飼い主でも嫌がる場合が多いのです。しかし、グルーミングに連れて行くときや、動物病院に連れて行かなければならないとき、犬が自分の体を触らせないのでは飼い主が困ってしまいます。触れることに抵抗を示すようなら、オヤツを使って少しずつ慣らしましょう。飼い主以外の人にもカラダを...

犬が人間と暮らすためには、しつけや訓練は欠かせないものです。これは幼犬のとき、一気にしつけをしたりするのではなく、犬の成長や覚えるスピードにあわせて、少しずつしつけていきます。しつけのスケジュール生後2から3ヶ月のしつけ飼い始めてすぐに、「トイレのしつけ」「食事のしつけ」「クレートでのすごし方」を覚えさせます。慣れてきたら、「スキンシップ」「お手入れに慣れさせる」「室内の散歩の練習」をしていきます...

犬の名前は人と犬とのつながりを生む大切なことです。呼びやすくわかりやすい名前をつけましょう。また、犬も呼ばれたとき、すぐわかる名前がいいです。最初は怒るときには、名前を呼ばずに、食事や遊ぶとき、呼ぶようにしましょう。そうすることによって、「名前を呼ばれるのはいいことだ」と覚えます。危険なものを隠す子犬は何でも口に入れて、少し経過すると、かむようになります。犬が噛んだら危ないものは、極力、手が届かな...

子犬にとって散歩は、外の環境に慣らす社会化という意味でも重要なことです。はじめて散歩する子犬は、とても緊張します。ゆっくり外の環境に慣らしましょう。首輪とリードに慣らすいきなり、首輪をつけても、子犬はびっくりして散歩どころではなくなります。そこで、事前に室内で慣らしておきましょう。首輪は指2本入るくらいの余裕をもたせて、リードがほかのものに絡まることがないように注意して歩いてみましょう。散歩する前...

犬に長時間の留守番をいきなりさせるのは大きなストレスになります。徐々に慣らしてから、お留守番させるようにしましょう。また、同様に車に乗せるなど、お出かけも教える必要があります。病院など犬が嫌がるところに、初めて車でいくと、「車は嫌なところに行くもの」という印象になってしまいます。そのため、最初は公園などの、犬が楽しいと思うところに出かけましょう。留守番に慣れるしつけ犬は基本的に一人きりになるのは苦...