市役所へ犬の登録

犬の登録と狂犬病予防注射するには

生後90日以上の犬は、飼い始めてから、30日以内に市役所か保健所に登録して鑑札を受け取ります。その鑑札を犬の首輪につけます。迷子になったときには必要ですし、常に装着している義務があります。

 

鑑札票は各市町村によってデザインが異なるので、もし、引越ししたら、犬の登録もしなおす必要があります。

 

狂犬病予防接種

生後91日以上の犬は毎年、年1回の狂犬病の予防接種が義務つけられています。

 

混合ワクチンの注射

狂犬病以外の感染病を予防する混合ワクチンは、生後40〜80日ごろに一回目、次に一ヵ月後に2回目、2が月後に3回目と計3回する必要があります。金額は、6種混合、9種混合と選択するワクチンによって違いますが、だいたい、6種で6千円、9種で9千円くらいです。

 

どのワクチンを選択しなければいけないかは獣医と相談してください。たぶん、高いほうを勧められます。

 

続きを読む


スポンサードリンク

愛犬の環境作り 関連ページ

犬を迎えることが決まったら、ハウスやドッグフード、おもちゃなど必要なものを揃えます。犬も人も快適に過ごせるようにしましょう。イタズラや事故防止の対策犬と一緒に暮らす部屋は、イタズラされないように工夫する必要があります。大事なものや、万が一、犬が噛んだら危ないもの、飲み込んだら危険なものは片付け、事故になるようなものは事前に片付けます。犬専用スペースは作るべき人間と同様に犬も安心して暮らせるように、...

「犬に大事なものをかじられた」、「犬が火のそばに来て油が飛んだ」とあわてる前に、犬目線で部屋作りを考えましょう。進入禁止の場所にはガードイタズラされたくない場所やキッチンなど、入れたくない場所には、最初から入れないようにしましょう。ドアがない場合には間仕切りゲートなど用意しましょう。犬が滑りにくい床フローリングは滑りやすく、犬の足腰を痛める原因となります。犬が居る場所にはカーペットやラグマットを敷...

犬を飼い始めたら、感染病予防ワクチンのほかに、市役所への犬の登録と狂犬病予防注射をする必要があります。個人的には犬を市役所への登録は必要だとは思いますが、狂犬病予防注射はどうなのかなと思っています。日本は狂犬病がない国です。それなのに、なぜ毎年、注射を義務付けられているのかわかりません。狂犬病がない国ではほとんど義務つけられてはいないようです。ある情報では団体の既得権という話もあります。また、予防...