犬の発情期の問題行動に対処

犬の発情中は問題行動が多い

犬は生後6ヶ月過ぎると成熟してきて発情(ヒート)期があります。

 

発情期は性的欲求が強くなり、いままでいい子だったのに、飼い主の言うことを聞かなくなったり、さまざまな問題行動を起こす場合があります。

 

繁殖させるつもりがないなら、去勢や避妊手術をしたほうが、犬も無用のストレスを感じなくてすみます。もし、愛犬に去勢手術をしないときには、他の犬に迷惑をかけないようにしっかり管理しなくてはいけません。

 

犬の発情期の特徴

メスの場合

メスの発情期は基本的に年2回で、季節には関係ありません。発情期は3週間も続き、10日ほど出血が続いた後、この時に交尾すると妊娠します。この時期は陰部が赤く腫れたようになり、いつも舐めるようになります。

 

発情期にはフェロモンを出すので、発情期のメスと出会ったオスは離れないようになります。また、排尿にもフェロモンが出ているので、発情期のメスが排尿した後をオスがみつけると、また、その場所から動かなくなります。

 

続きを読む


スポンサードリンク

問題行動の対処法 関連ページ

犬の散歩のときグイグイ引っ張りたり、来客がきたら吠える、手を咬む、飛びつくなど、これらはすべて問題行動といいます。問題行動は犬が問題なのではありません。多くは犬の習性によるものです。したがって、問題行動は人間社会で暮らすには不便なことを指します。来客がきたら吠えるなどは、侵入者を追い払うためであって、犬はたんに縄張りを守っているにすぎません。犬は家にくる侵入者を飼い主に知らせ、追い払う仕事をしてい...

愛犬が吠え続ける、飛びつくなど、飼い主にとって困った行動が問題行動といわれています。でも、やみくもに吠えたり、飛びついたりしているのではありません。問題行動も、犬にとってはちゃんとした理由があるのです。犬が問題行動を起こしたときは、叱るのではなく、その理由を見つけることが大切です。そのうえで、原因を排除することが出来れば排除して、しっかりとしつければ直すことができます。問題行動を起こしたとき犬に体...

言葉が話せない犬にとって吠えるという行為は、飼い主に気持ちを伝える数少ない手段です。犬に吠えるのを止めさせるには、吠えている原因を把握し、その原因を取り除き、吠えても自分の要求は実現しないのだということを教えます。吠えるのではなく、静かにしているほうがいいことがあると覚えさせます。叱るのは逆効果犬が吠え続けるときは、つい「うるさい!」と怒鳴ってしまうものです。しかし、犬にとって、叱られる声は飼い主...

咬むのは犬の本能の一つで、動くものを反射的に噛んでしまうなどの攻撃性とはいえないものもあります。しかし、それで許していると、人に危害を加えてしまうこともあります。犬が唸るのは、ほとんど威嚇で、攻撃的なものです。うちでは犬が唸り、その次に噛み付きます。しかし、原因は知っているのです。実は犬がかまってほしくないと思っているときに、かまうからなのです。きっと唸りながら「やめろよ」と言っているのにかまうの...

犬が飼い主などに飛びつくのは、「遊んで」とか要求や、喜んでいるときの表現です。しかし、放置していると、完全に癖になってしまいます。エスカレートすると、犬は自分が飼い主のリーダーだと思ってしまいます。また、運動不足から飛びつきをする犬もいますので、犬が飛びついてきたら、かまい過ぎないで、無視して、早めに対処しましょう。飼い主に飛びつく犬の対処飼い主への飛びつきは無視することです。相手をしたり、叱った...

散歩のときに犬が引っ張るのは、「飼い主より自分が上位だと思っている」「興奮状態」「引っ張ることでいいが起こると思っている」などの原因が考えられます。飼い主の傍を歩かせるしつけ、たとえば「ツケ」などのしつけを徹底すると共に、原因による対処が必要です。また、拾い食いやしゃがみこむで歩かないなどのトラブルには適切に対処することが必要です。リードで犬の引っ張り癖を防止どうしても引っ張り癖が治らないときは、...

犬をお留守番させているときに、「吠え続ける」、「家を荒らす」、「おもらしする」というのは寂しさが原因です。そもそも、群れで生活する犬にとっては、一人になってしまうのは不安です。しかし、しつけをして、飼い主との信頼関係をしっかり築き、犬が一人で過ごせるように慣らしていきましょう。また、寂しさを忘れるオモチャや、夢中になれるオモチャを用意するなどの工夫も必要です。留守番できない犬の対処基本はクレートト...

いつまでも愛犬がトイレを覚えなかったり、1度覚えたはずなのに、粗相をしてしまう場合は、犬のトイレトレーニングをしなおす必要があります。また、トイレの場所の問題かも知れません。犬が覚えやすい場所にするとか環境を見直しましょう。犬がトイレ以外で排泄しようとするのを目撃したら、名前を呼んで気をそらし、トイレに連れて行きましょう。このとき、叱ってはダメです。家で排泄することは悪いことと覚えてしまいます。ト...

いつもの食事を犬が食べない場合、吐くなどの健康上の問題がないか疑ってみます。もし、異常を感じたら、すぐ獣医に診てもらいましょう。それ以外はほとんどが、犬のわがままで選り好みしています。その場合は、躾けなおししましょう。犬の食事を食べずに人間の食事をほしがるときは、与えてはいけません。人間の食事には、犬にとって、病気になる食材や調味料が使われていることもあります。おねだりには無視しましょう。犬の食事...

他の犬に対して「吠える」「唸る」などの攻撃的な態度をとったり、怖がったり、はしゃぐなど問題行動を起こす犬は、社会化が不足しているのです。成犬になってから、直すのは大変ですが、少しずつ他の犬に慣らしていくことで、多くの場合は改善します。他の犬と関係を改善する場合は、リードをつけて犬の動きに注意して、事故が起きないように気を配りましょう。犬のタイプにあった対処法他の犬との関係を根本的に直すには、社会化...

犬は生後6ヶ月過ぎると成熟してきて発情(ヒート)期があります。発情期は性的欲求が強くなり、いままでいい子だったのに、飼い主の言うことを聞かなくなったり、さまざまな問題行動を起こす場合があります。繁殖させるつもりがないなら、去勢や避妊手術をしたほうが、犬も無用のストレスを感じなくてすみます。もし、愛犬に去勢手術をしないときには、他の犬に迷惑をかけないようにしっかり管理しなくてはいけません。犬の発情期...