犬をしつけるときの教訓

犬が飼い主の手を噛むなどの噛み癖を直す方法

子犬の甘ガミは早めに対処すべき

子犬の場合はじゃれて手や足、髪の毛などを噛むのが一般的です。俗に言う甘ガミというのです。

 

はじめはあまり痛くないのでそのままにしていますが、許していると噛み癖になることがあります。

 

そうなると、成犬になってから、犬は遊んでいるつもりでも、身体の成長とともに噛む力が強くなってきて大怪我になる場合があります。

 

子犬の甘ガミは早めに対処すべきなのです

 

成犬の噛み癖は治すのが難しく危険が大きいので、
犬の行動治療の専門医や専門ドックトレナーに相談してください。

 

噛んでもいいオモチャを与えて解決する方法

 

何かを噛みたい」という欲求は犬にとって自然なものです。また、子犬のうちは歯が痒いので、特に何でも噛みます。

 

人の手を噛む制限をするために、犬が噛んでもいいオモチャを与えましょう。
与えられたもので、噛む欲求が満たされれば、ほかののものを噛まなくなる可能性があります。

続きをよむ・・・

 

犬の遊びに使うオモチャに興味を持たせる工夫

 

犬の遊びにもバリエーションが必要

犬の遊びにもバリエーションが必要です

 

なかには成長するにつれて、あまり遊ばなくなる犬がいますが、
基本的に犬はいつでも遊びが大好きなのです。
犬に「またこの遊び?」と嫌がられないように、遊びのバリエーションを広げましょう。

 

最低でも1日1回は愛犬と遊んで、コミュニケーションを図るとともに、
しっかりトレーニングもしましょう。
休日などは1日に2回など短時間ずつ相手をしてあげます。

 

オモチャに興味を持たせる工夫

 

犬によっては、あまりオモチャに興味を持たなかったり、あまり遊ばないこともあります。そういったときは少し工夫が必要です。

続きをよむ


更新履歴