犬のしつけ教室を選ぶポイント

犬のしつけ教室を選ぶポイント

犬のしつけ教室は「マテ」「スワレ」といった
基本的なトレーニングをしながら、
しつけのポイントや愛犬との接し方学ぶところです。

 

 

犬に直接しつけをするというより、飼い主に「しつけ方」を教えるところです。
具体的なレッスン内容は犬のレベルや年齢、
そして、それぞれの教室によって、やり方は異なります。

 

子犬だけを対象としたパピークラス

子犬の教室も増えています。
子犬のときにいろいろな人や犬に接することができるので、社会化に役立ちます。

 

特に1匹だけ飼うといった場合、社会化がしずらく、
犬や人を怖がったりする場合が多いので、このような教室を利用するとよいでしょう。

 

選ぶポイントは訓練士

犬のしつけ教室のポイントはやはり訓練士です。
まず、教室に入る前に話をよく聞いて、
その訓練士の考え方やトレーニング方法を納得できるまで、聞くことです。

 

基本的に、犬を画一的に扱うのではなくて、
それぞれの性格に合わせて対応してくれるところが望ましいです。
子供を預けるときと同じですね。

 

また、こちらの希望やしつけするうえでの悩みをよく聞いてくれるかはチェックしたいところです。

 

しつけ教室を選ぶときは、複数のしつけ教室を見学してみて、
犬も訓練士も楽しげにしているところを選んだほうが無難です。

 

しつけ教室の費用

しつけ教室によって、時間や内容が異なるので、一概に比較することは出来ません。
目安としては、1回1時間で3000円〜4000円あたりが相場ですが、
しつけ教室の個人レッスンは割高になる場合が多いです。

 

レッスンは週1〜2度で、5〜10回のコースになっているところが多いです。
そうすると、1回1時間4000円で10回コースだとすると、全工程4万円くらいになります。

 

しつけ教室の探し方

  1. 愛犬雑誌やインターネットで評判を知る
  2. 動物病院で教えてもらう。
  3. 犬のブリーダーに教えてもらう
  4. 知り合いから教えてもらう。

愛犬雑誌やインターネットではしつけ教室で検索すると、たくさんの情報があります。
しかし、これが、本当に行っている人の情報かどうかは判断できません。
動物病院か知人に教えてもらうほうが無難でしょう。

 

最近では自治体が主催しているしつけ教室も増えてきています。
費用は割安ですが、1回限りという場合が多いようです。
1回では飼い主も犬もその場は理解しても忘れてしまうということが多いです。


関連ページ

犬のしつけを訓練士に依頼
犬のしつけを訓練士に依頼するにあたって、2種類あり、自宅に来てもらう出張レッスンと、訓練所に預ける委託レッスンがあります。そのメリットとデメリットを知って、どちらが良いのか決めましょう。