子犬の甘噛みを許すと噛み癖に!

子犬の甘噛みを許すと噛み癖に

子犬と一緒にロープやオモチャで遊んでいるとき、
突然噛まれることって経験ありませんか

 

子犬は成犬と違って遠慮がなく、力いっぱい咬むし、
歯が細くて鋭いのです。

 

その上、引っかくというのもあって、
うちの犬が子犬だったころ、手は傷だらけでした。

 

子犬を相手にして遊んでいると、飼い主の指を乳首のように吸ったり、
手を噛んだりするアマがみを許していると噛み癖のある犬になってしまいます

 

早いうちに対策しないといけないでしょう。

 

甘がみの原因

子犬と遊んでいるときなどは、子犬は飼い主の手がオモチャの一部と勘違いします。
それを許していると、飼い主の手であることや、
遊びであるということを忘れてしまい、咬み付いてしまう
のです。

 

子犬は兄弟で喧嘩しているうちに、体のどこを噛んではいけないか、
どの程度、噛んだら相手を傷つけないかを学習します。

 

しかし、現代では、ほとんど、
その機会はなくペットショップに連れてこられたりしています。

 

それに噛み加減をわかっていたとしても、遊びに夢中になってしまうと、
つい強く噛んでしまう犬もいるのです。

 

咬む行為は犬の本能

咬むという行為は野生のころ、犬の狩猟手段でした。

 

ペットをして飼われている現代では、犬の本能を満たすためには、
犬専用ガムなどで代用するしかないようです。

 

甘がみの対策

子犬と遊んでいる最中に噛まれたのなら、
つい手を引っ込めがちですが、逆に、子犬に手を押し返しましょう

 

その後、「ダメ!」と叱りながら、平手で鼻先をパンと叩きます
このしつけを繰り返せば、人間は噛んではいけないということをわからせることができます。


この記事も読まれています

 
子犬に我が家のルールを教える
子犬を飼い始めたとき、最初に教えるのは、その家のルールです。これは躾けというより、ルールを教えなければなりません。また、このルールは家族で一致している必要があるのです。まず家族で話し合いましょう。

子犬には社会化をさせよう
子犬の社会化期の時期に、お散歩や、外のいろんな音に慣らしておけば、成犬になってから、特に驚くことなく、怖がりの性格なるといったことから回避できます。是非、色々なことに慣らしましょう。

子犬のうちから躾け
子犬のしつけは、子犬のうちから慣らしたいものです。例えば、家の大きな音がする掃除機やドライヤー、そして、病院に行っても困らないように他人に触らせるする訓練。グルーミングを嫌がらないようにする。けっこうあるものですよ。

初めて子犬と散歩するときのトレーニング
子犬が我が家に来て、すぐ一緒にお散歩したくなるものですが、ワクチン接種が済んでからにしましょう。まず、お散歩のルールは家の中で教え、飼い主もリードの持ち方などを知らなくればいけません。

 

 

関連ページ

子犬の歯の生えかわり
とにかく子犬は物を噛みます。うちでは、どんなに怒っても電気コードを噛む癖があり、成犬になるまでは、家にある電気器具の電源コードはすべて絶縁テープだらけになってしまいました。
威嚇する犬の対処法
散歩中に出会う犬に吠え、お尻を嗅がれると、噛み付こうとしたり、ドックランに行けば、ほかの犬が来ると、嫌がって吠える、噛み付こうとしたりするのです。こうならないためにも威嚇する行為は辞めさせる躾けが必要です。
無駄吠え防止グッズ
犬の無駄吠えは飼い主にとって頭の痛い問題です。しつけで治らない場合もあり、特にインターホンが鳴ったときなど、インターホンの声が聞こえないときもあります。すぐ辞めさせる必要があるとき、グッズを試してみたらどうでしょう。